関節炎をナチュラルケア
関節のしくみ

関節は、両骨の間に潤滑油の役割を果たす「滑膜」が存在します。
「滑膜」には、大きく2つの役割があります。

1. 関節を滑らかに動かすための「関節液」の産生。
2. 関節内をきれいに維持するために、いらなくなったものを関節の外に排除。

また関節には、「関節軟骨」という軟骨があり、骨と骨が直接ぶつからないようにクッションの役目をしています。
関節のしくみ
「関節軟骨」の破片が組織を傷つける!?

骨と骨とが直接ぶつからないようにクッションの役割をしている「関節軟骨」ですが、その弾力の源は「コラーゲン」「コンドロイチン」「ヒアルロン酸」といった弾力のある保水成分です。

その保水性分は、残念なことに、年をとるごとに減り続けてしまい、「関節軟骨」が徐々にすり減っていきます。
そのすり減った関節軟骨の破片は、関節内に留まって組織を傷つけてしまったり、骨と骨が直接ぶつかり、炎症を起こしたりします。
コラーゲン ・ コンドロイチン ・ ヒアルロン酸 を積極的に取り入れましょう

保水性分が減ってしまうことで起こる関節痛。
これを予防、改善するためには、バランスの取れた食事と、「グルコサミン」「コラーゲン」「コンドロイチン」「ヒアルロン酸」などのサプリメントや、それらを多く含むおやつなどを取り入れることで、効果があります。
© 2009 Treasuer. All rights reserved.